電子書籍『ブッダはなぜ心を重視するのか:心は「幸福」「不幸」のクリエイター』

内容

人間は物質に依存するしかない生き方を強いられています。しかし、物質に依存して生きようとすると際限のない苦しみが出現します。物質と肉体の奴隷になっている現代人は現実から目を背け、ヴァーチャルな仮想世界に逃避します。そこで生まれるのは決して満たされることのない欲であり、それはやがて怒りに、憎しみに、嫉妬に、自己嫌悪に変わっていくのです。お釈迦さまはそこから逃れ、現実世界に強く生きるために、いかに心の問題を扱うべきかを教えています。

著者略歴

アルボムッレ・スマナサーラ

スリランカ上座仏教(テーラワーダ仏教)長老。1945年4月、スリランカ生まれ。13歳で出家得度。国立ケラニヤ大学で仏教哲学の教鞭をとったのち、1980年に国費留学生として来日。駒澤大学大学院博士課程で道元の思想を研究。現在は(宗)日本テーラワーダ仏教協会で初期仏教の伝道と瞑想指導に従事。メディア出演や全国での講演活動をつづけている。

Mail Magazine

サンガ新社の最新情報を配信しています。
購読は無料です。お気軽にご登録ください。

Follow Us

各種SNSでも情報発信中!
クリックすると別ウインドウが開きます。